h230102-0340-2.jpg

2014年08月16日

【知道中国 1114回】 「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田16)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1114回】       一四・八・仲二

 ――「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田16)
 「中国の旅」(仁井田陞 『東洋とはなにか』東大出版会 1968年)

 さすがに客の前では殺生は具合が悪い。そこで近くの暗がりに犬を引っ張って行こうとするが、犬は首を振り、前足をピーンと突っ張って前に進むことを拒もうとする。だが、力の差は如何ともし難い。やはり抵抗は無駄だった。

 犬の首を縛った綱を、オヤジはグイグイと強引に引っ張る。やがて犬はズルズルズルズルと引きずられて行き、暗がりに消えたかと思う間もなく、キャンキャンキャーン。哀しいばかりの泣き声だ。この世とのお別れである。考えると残酷な話だが、しばらくの後、客は新鮮な肉を口にすることになるわけだから有難いかぎりだ。

 この光景に最初に接した時、犬も一瞬の後に自らを襲う過酷な運命を察知するのか。死を予知するものかと酷く感心したものだが、そんなことを気にしていたら犬肉は味わえない。そんなわけで、いつか気が付かないうちに、犬は犬でなく、単なる食い物と見做すようになっていた次第だ。

その4:財政事情が逼迫したので、家賃の格安な田舎に下宿を移す。ある朝、管理人の曽バアさんの申しつけで、市場にお供した。その日の目当ては仔犬だった。犬は苦手だといっても、抱いて帰れとの命令である。致し方なく、仔犬を持ち帰った。

 翌日から、曽バアさんは自分の食事の残りを仔犬の餌に。可愛いがっているうちに、いつしか仔犬は成犬に。こうなると立派な番犬だ。やがて秋風が立ち始める頃、どこからともなく麻袋を手にした犬買いがやってきた。犬を麻袋に入れ、体重に応じた金額を置いてゆく。曽バアさんは「この犬は食うだけ喰って目方が増えない。損した。クソッタレ」とご立腹。だが次の日曜日、再び市場へ仔犬を買いに。「おい、出掛けるぞ」である。

 最初は愛玩用、次は番犬。残飯処理に加えて犬買いに売り払って小遣い稼ぎ。一石二鳥ならぬ、一匹四得ではないか。生活の知恵とはいえ、なんとも恐ろしいばかりの合理性。

その5:犬買いは仕入れた犬の一部を農村でも売りさばくが、大部分は大消費地の市街地へ。秋風が立ち始めるや、犬買い商人が動きだす。ところが当時の香港は、なんせ世界に冠たる動物愛護国家であるイギリスの植民地政庁治下だった。そこで警官を動員し、犬肉販売防止に努めることとなる。

 農村地帯から市街地に入る幹線道路の要所に警官が配され、犬の市街地持ち込みを厳しく取り締まろうというのだ。当時、農村地帯と市街地とを結ぶ最も簡便な交通機関は14人乗りのミニバス。そこで犬買いは仕入れた犬を麻袋に押し込み、ミニバスの狭い通路に置いて市街地に入ることを常としていた。

 農村の方角からやって来たミニバスは、警官の道路脇の検問所前で停車させられる。運転手が開けたドアから、警官が背を屈めて車内へと身を乗り入れる。否が応でも通路の麻袋が見に入る。いや、入らないわけがない。そこで一言、「これは誰の持ち物だ」。乗客は全員が沈黙。しばらくして再び「誰のものだ」。すると犬買いは小声で、「あっしのですが・・・」。「そうか。で、中身は」。すると犬買いは口を噤む。「中身は何だ」。沈黙。「犬じゃあないのか」。沈黙するが、そのうちに麻袋の中の犬がゴソゴソと動き出し、時にはキャンキャーンと叫ぶこともある。だが警官は、「そうか。異常なし。行っていいぞ」と運転手に声を掛け、検問所に戻る。かくて何事もなかったかのように、犬買いは、繁華街の屋台に生きた犬を卸すことができるわけだ。客も新鮮な犬肉を愉しめるというカラクリである。

 警官としては、動物愛護を掲げての監視は単なるタテマエ。植民地政庁当局のメンツを立てればいいだけのこと。やはり広東人にとっては犬肉は「好食(うまい)」のである。

 以上、70年代初頭の香港における犬肉を一例としての異文化理解の一端でした。《QED》

posted by 渡邊 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2014年08月15日

【知道中国 1113回】 「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田15)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1113回】                       一四・八・十

 ――「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田15)
     「中国の旅」(仁井田陞 『東洋とはなにか』東大出版会 1968年)

 仁井田の犬肉談義が飛び出したので、香港留学時の犬肉の思い出を綴っておきたい。すでに書いた話もあると思うが、その場合はご勘弁のほどを。

その1:香港の啓徳空港に最初に降り立ったのは1970年の晩秋のこと。あれは衝撃的な三島事件の1,2週間前だったように記憶している。成田空港は完成しているわけもなく、羽田から。日本航空のエコノミー料金が片道で7万円前後だったように記憶している。愛読紙の「東京スポーツ」が10円だった頃だ。

 住んだのは低所得者用高層アパートの24階。戴さん宅の1部屋だった。だが本当の大家さんは戴さんではない。戴さんが借りている家の1部屋を、見ず知らずの日本人留学生に又貸してくれたわけだ。私が部屋代を支払うから、戴さんは些かなりとも助かる。貧乏な日本人留学生としては、相場より格安家賃で部屋が借りられる。そこで大いに助かる。加えて大家さんには所定の家賃が入る。大家さん、戴さん、日本人留学生の私――三方に損なし。これを相互扶助という。

 到着翌日だったろうか。戴さんが今度の日曜日に友人を呼んで歓迎会をしてやろうと。遠慮は不要である。殊に中国人には。そこで満を持して、その日を待った。当日の朝、台所を覗いてみると白い仔犬がチョコチョコと歩いている。昼、皮を剝かれた仔犬は腹を天井に向け横たわっていた。その後、一口大に切り分けられ下拵えされたのであろう。夜になると、居間の中央に置かれた土鍋の中でグツグツと煮え立った汁の中で躍っていた。

 やがて戴さんの友人やら教え子が揃う。自己紹介もそこそこに、宴会がはじまった。誰もが口々に「好食(うまい)」を連発しながら、土鍋のなかの肉をつつく。その光景を横目で見ながら秘かに、いったい、この人たちは本当に人間なのだろうかと疑問を抱いたものだ。初の犬肉といったこともあり、もちろん箸は動かない。そこで鍋の中の野菜だけを食べていると、「肉も食べなよ。旨いよ」と。

 異文化との“理解”やら“共生”は理屈でできるものではない。先ず食事と排泄を共にすることから始めよ――を信条としているからには、ここは臆してはならない。断固、食べねばなるまい。ええいッ、ままよッと犬肉を口に放り込み噛み始める。なにやらマトンの味。こうなったら後は一瀉千里である。

その2:犬肉の味を覚えると、夜な夜な屋台の犬肉屋へ。

 そぞろ秋風が立ち始める頃になると、街角に「香肉上市(いぬにくでました)」の張り紙が。犬肉の屋台の季節だ。七輪の上のグツグツと煮立った土鍋の中から犬肉の香りが立ち上り、それが熾った炭の匂いとブレンドされ、なんとも心地よい香りが鼻孔を撃つ。屋台の前の酒屋で調達した香港製の些かアブナイ紹興酒をグイッと煽りながら、アツアツの犬肉を口に。至福の一瞬である。と、そこへパトカーがスーッと近づいて来て停車する。これは手入れか。慌てて腰を浮かせると、さにあらず。

 パトカーの窓が下された頃合いを見計らって、屋台のオヤジはアツアツの犬肉が入った丼と酒1本を差し入れる。窓が閉められ、パトカーは立ち去る。1時間ほどが過ぎると、同じパトカーが戻って来る。窓から差し出された空の丼と酒ビンを屋台のオヤジが受け取ると、パトカーは立ち去って行った。阿吽の呼吸による見事なまでの“連係プレイ”だ。

 屋台のオヤジは格安のみかじめ料で安心して商売が、一方の警官は免費(ただ)で胃の腑を満足させながら寒さ知らずのパトロールができる。これまた相互扶助なのだ。

その3:千客万来・大繁盛。仕込んでおいた犬肉が少なくなると、屋台のオヤジは近くに繋いでおいた犬の中から1匹を選び、解体作業に入る。さて、《欲知端詳 且停下回分解》
posted by 渡邊 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えてみた

2014年08月14日

【知道中国 1112回】 「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田14)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1112回】       一四・八・初八

 ――「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田14)
 「中国の旅」(仁井田陞 『東洋とはなにか』東大出版会 1968年)

 仁井田が東京大学を、『中国現代史』の著者が岩波書店を――それぞれが水戸の御老公が手にする葵の印籠よろしく“権威”を前面に押しだして語れば、それが詐術であれ流言飛語の類であれ、共産党政権治下の中国が桃源郷でもあるかのように印象づけてしまう。一切の“権威”が「王様の耳はロバの耳」という真実の声を押さえこみ、隠蔽する。枯れ尾花でしかないものを、無限の恐怖を呼ぶ幽霊に見せてしまう。

 じつは建国以来、我われ日本人は中華人民共和国に幻惑され続けてきた。1949年以来の60数年間、我われは中華人民共和国のどこを、どのように理解して来たのか。いや、なぜ、誤解を繰り返して来たのか。まったくもって、惨憺たる言語空間から脱却できなかった。

 人民公社の見学を終えた仁井田は上海市監獄に向かうのだが、「鉄の獄門はじめ、さすがイギリス帝国主義が建てたといわれるだけあって、外形のいかめしさは北京監獄にくらべて数倍であるが、内部で行われている制度は北京と変わりがない。ここでも監房には鍵がなく、受刑者は拡声器で音楽をききながら労働していた。食事の限度は『腹一ぱいまで』ということであった」と、またしても性懲りもなく現実離れした感想を綴る。呆れ返るばかりの鈍感力といっておこう。

 再三言及しておいたように、監獄の塀の外の世界では、すでに飢餓地獄の前兆がみられていた。にもかかわらず塀の内側では「音楽をききながら労働し」、しかも「食事の限度は『腹一ぱいまで』」。ならば誰だって、塀の内側に憧れるだろうに。

 帰路の最終地となった「広州での送別の宴はにぎやかであった」とは、まったくもって暢気なものだ。かくて訪中を、「私は今の中国で泥棒が年々少なくなっているときいた。それは自己の支配領域をこえて他の領域を犯さぬこと」。「役人についていえば、公と私の区分領域が明らかで」「わいろを取らない」。「選挙に買収を行わない」。「どろぼうは絶無ではないが毎年減少している。そうすると当然、監獄が空き家になってくる」。「犬がいらなくなる。私は旅行中、都市でも農村でも一疋の犬にも出会わなかった」――と締め括る。

 まあ、なんとも“突っ込みどころ”が満載だが、たとえば「役人についていえば、公と私の区分領域が明らかで」「わいろを取らない」と断定した仁井田が21世紀の現在まで存命し、周永康による1.5兆円という天文学的不正を知ったなら、はたして何と応えたろうか。閻魔大王に懇願し、あの世から再生願ってでも、是非にも伺ってみたい。

 「選挙に買収を行わない」というが、国会に当たる全人代でも最近では時に若干の反対票が数えられることもあるが、当時は満場一致が大原則。反対票そのものが許されない。だいいち毛沢東は超独裁権力を恣にしていたわけだから、わざわざ「選挙に買収を行」う必要はない。毛沢東が差配する共産党の方針に楯突けば無残な末路が待ち構えていることは、57年の反右派闘争で誰もが学習済み。

 であればこそ、毛沢東や共産党に反対するために「買収」したって意味がない。有体にいうなら、この上なく完璧無比な人治の時代である。とどのつまり毛沢東が説いた「新民主主義」とは、オレが全人民の民意を代表している。だからオレがいうことが民意であり民主だ。オレに逆らうヤツこそ民主主義を騙る反民主主義者だという理屈にならぬヘリクツ。身勝手千万なのだ。中国における「選挙」とは上意下達の儀式にしかすぎないわけだから、「買収」などありえようがない。

 だが、仁井田がそういえば、大方は、中国では厳格公正で公明正大な選挙が行われ、選挙で民意をくみ取っていると思い込んでしまう。

 「都市でも農村でも一疋の犬にも出会わなかった」と説くが、ひもじくなくても犬肉を食する方々である。ましてや飢餓地獄。だから、みんな食べちゃった・・・んです。《QED》

posted by 渡邊 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2014年08月13日

【知道中国 1111回】 「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田13)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1111回】       一四・八・初六

 ――「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田13)
 「中国の旅」(仁井田陞 『東洋とはなにか』東大出版会 1968年)

 当時、宣伝要員は仁井田だけではなかった。その典型例が、『中国現代史』(岩波新書 1964年)を著した岩村三千夫(中国研究所員)と野原四朗(専修大学教授)の2人だろう。

 彼らは大躍進の大失敗は専ら天災によってもたらされたものであり、最上層は毛沢東から最下層は人民公社の幹部に至るまで、全指導者のデタラメな振る舞いが必然的に招来した人災ではないと強弁し、共産党による独裁政治の弊害の隠蔽に努める。

 「一九五九年の自然災害は、六月以降のひでりが主であって、黄河流域、長江流域の九つの省で、七月から一〇月までの総雨量は、平年の三〇%から六五%ほどで、一〇〇日余り雨をみない地帯もあった」。被害面積は59年が全耕地面積の40%前後、60年は55%、61年は50%余に達した。

 「この三年つづきの大災害は、農業生産全般に重大な打撃をあたえ、六〇年の農業生産額は五七年の水準より低いところまで下落した。六一年は六〇年よりよかったといわれるが、それでもやはり五七年の水準にとどまったとみられる」とする。だが、なんと言い繕ったところで、毛沢東が強引に推し進めた大躍進が躍進どころか、じつは大後退をもたらし、中国全土を飢餓地獄に変貌させたことは否定しようがない。

 それにしても59年の「七月から一〇月までの総雨量は、平年の三〇%から六五%ほどで、一〇〇日余り雨をみない地帯」のなかには上海も含まれていたはずだが、奇妙なことに仁井田は旱魃の「か」の字も口にしていない。おそらく仁井田が訪れた人民公社は広告塔として位置づけられ、それだけに政府当局から手厚い保護が加えられていたに違いない。

 人民公社について『現代中国史』は、「その高度の集団の威力によって、自然災害にたえぬく大きな力を発揮した。〔中略〕農作物を災害からまもるために、あらゆる労働力が農業のために動員された。〔中略〕人民公社という大きな集団の威力は、自然災害のなかでもみごとに発揮された」と大絶賛した後、なんと餓死者はでなかったと断言している。これはまるで、89年の天安門事件で民主派の犠牲者はゼロだったと言い張る媚中派と同じ論法ではないか。

 「ふるい中国であったならば、一九六〇年のような規模の自然災害を一年うけただけでも、被災地区の農民は郷土をすてて離村し、到る所で数十万から数百万もの餓死者をだした。しかし、新しい中国のもとで、三年つづきの自然災害をうけても餓死者はでなかったし、離村現象さえみられず、農民たちはあくまでも郷土をまもって生産をつづけた。この一つのことをもってしても、新中国の十余年の改造と建設が、いかに大地に深く根をおろしたかをしることができる」と。

 「大地に深く根をおろした」ことが具体的に何を意味するのか不明だが、この種の極めて文学的で抽象的な表現を用いることで、実状が糊塗され、「新中国の十余年の改造と建設」の惨状が包み隠されてしまうことは確かだろう。極めて意図的な詐術と見做すべきだが、『中国現代史』の著者が「新中国の十余年の改造と建設が、いかに大地に深く根をおろしたかをしることができる」と信じ込んでいるというなら、やはり彼らは愚二アラザレバ誣(本人が余ほどのバカか、さもなくば世間を誑かしている)ということになるだろう。

 特段揚げ足取りをする心算はないが、上記の「ふるい中国・・・」以下の部分は、「ふるい中国であったなら〔中略〕到る所で数十万から数百万もの餓死者をだ」す程度で収まっていたものを、「新しい中国のもとで」は数千万の餓死者をだしてしまった。「この一つのことをもってしても、新中国の十余年の改造と建設が、いかに」多くの犠牲を強いたかを「しることができる」と書き改められるべきだろうに。万死に値するのは・・・誰。《QED》
posted by 渡邊 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2014年08月11日

【知道中国 1110回】 「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田12)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1110回】      一四・八・初四

 ――「犯罪人の数は年ごとに少なくなり、監獄でも監房が空いてくる・・・」(仁井田12)
 「中国の旅」(仁井田陞 『東洋とはなにか』東大出版会 1968年)

 仁井田は、上海近郊の人民公社で「三度三度食事が、ともかく、心配なくたべられる」と聞かされたままをノー天気にも綴る。ところで中国古代史の権威で世界的に知られた楊寛も、同じ頃に上海市当局の招きで上海近郊の農村を視察している。仁井田視察の人民公社と同じかどうかは不明だが。彼は自らの人生を振り返った浩瀚な『歴史激流 楊寛自伝 ある歴史家の軌跡』(東京大学出版会 1995年)に、当時の情況を次のように記した。

 @「人が大胆であるほど、大地はより多くを生み出す」とのスローガンに従い、「それぞれの指導者が、自らのランクに応じて、より高い目標を設定し、下に圧力をかけ、目標の達成を求める」。それに対し、「下層幹部はどうする術もなく、ただ高生産をあげたという虚偽の報告を行うだけであったが、それが上からの褒賞の対象となった」

 Aそこで「褒賞を争って、生産数を示す数字はいよいよ大きくなり、ますます大胆に虚偽を弄」し、「架空を現実にみせかけるため、偽りの『現場会議』を開き、捏造したニュースを流し、またトリック写真を捏造し」、宣伝に努めた。

 Bインチキの典型が密植法で、「たわわに実った稲が隙間なく植えられているのを見たが、出来の良い稲を多くの田から根ごと移植して密集させたということがありありと分った。農業の経験が少しでもありさえすれば、一目で気付くことであった」

 Cかくしてウソがウソを増幅させ、増幅されたウソを現実と見做すことになる。「上層指導者の中には、農業の大躍進が極めて順調に達成されつつあり、共産主義社会の到来も間近で、すぐにでも『必要に応じて分配し、それぞれが必要なだけ取る』ことができるようになる、と真面目に考える者も少なくなかった」。そこで「人民公社の食堂では、『食事は無料』で皆が思う存分食べることができなければならない、と唱えられた」

 Dだから「上海近郊の人民公社でも、こうした呼びかけに応えて、その通り実行された。私が農村へ行って(好成績を挙げている公社を参観し)、そこの食堂に入った時にも、壁に「吃飯不要銭(食事は無料)」という五文字が墨で大書してあった」
この楊寛の回想で、仁井田が聞かされた「三度三度食事が、ともかく、心配なくたべられる」の実態が判るだろう。つまりインチキであり、真っ赤なウソだった。

 映画監督の陳凱歌は、当時の北京で幼少期を送っているが、自らの半生を綴った『私の紅衛兵時代』(講談社現代新書 1990年)で、「いまでも私は覚えている。マーケットの周りで野菜の根やクズを拾い集めては、細かく切り、サツマイモの粉で包んで野菜団子を作った。両手でそっと持ち上げないと、ばらばらになってしまう。学校にいた大勢の子供のなかには、休み時間に大豆を五粒もらえるのを楽しみにしている子もいた。香ばしくなるまで煎ってから、汗がでるほど手に握り締めて、それからしょっぱいのを一粒ずつかみしめる。それでも、足にはむくみが浮いたままだった」と、当時を振り返る。

 これが首都の惨状である。陳は農村の過酷な情況を「河南省では、生産目標で決められた国への売り渡し穀物を確保するために、武装した民兵が、小さなほうきで農民の米びつの底まできれいに掃き出していた。さらに封鎖線を張って、よそへ乞食にでることを禁止した。まず木の皮や草の根が食い尽くされ、やがて泥にまで手が出された。そして、道端や畑、村の中で人々がばたばたと死んでいった。三千年にわたり文物繁栄を謳われた中原の省に、無人の地区さえできてしまったのだ。後になって、後片付けの際、鍋の中から幼児の腕がみつかった」と綴る。

 もはや、何らの説明を重ねる必要もないだろう。「三度三度食事が、ともかく、心配なくたべられる」と嘘八百を口にする仁井田は素直すぎる、いや超弩級の・・・アホだ。《QED》

posted by 渡邊 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/