h230102-0340-2.jpg

2015年04月04日

【知道中国 1224回】 「糞穢壘々トシテ大道ニ狼藉タリ」(小室1)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1224回】        一五・四・初四

 ――「糞穢壘々トシテ大道ニ狼藉タリ」(小室1)
 『第一遊清記』(小室信介 明治十八年 自由燈出版局)
 
 思えば明治以来の日中関係は、「同文同種唇齒ノ國」×「怨みに報いるに徳を持ってす」×「日本人民も中国人民も同じく日本軍国主義者の被害者だ」によって大きくタガを嵌められ、身動きできなかったということだろう。その果てが、「子々孫々にわたる日中友好」という見事なまでの“戦略言語”である。「英雄ブランド」の中国製ボロ万年筆と共に「子々孫々にわたる日中友好」が真顔で熱く語られていた時代を思い起こせば懐かしく、恥ずかしく、苦々しいばかり。だが日本人にとっての躓きの始まりは、やはり「同文同種唇齒ノ國」というインチキを盲信して(いや正確に表現するなら、「盲信させられて」)しまったことだろう。であればこそ、日本と日本人にとっての中国問題という本来の視点に立ち戻るためには、中国側からする一連のマインドコントロールを解く必要があるはずだ。

 曾根の上海滞在から10年ほどが過ぎた明治17(1884)年8月29日に「東京ヲ發」った小室信介(嘉永5=1852年〜明治18=1885年)は、「清佛ノ戰況ヲ視察スル」ことを目的に上海に向かった。それから2ヶ月ほど、小室は北京、天津にまで足を延ばし、中国要路の人々と面談し、朱舜水の末裔やら王陽明の旧宅を訪ね、『第一遊清記』を書き残した。

 小室は『第一遊清記』の緒言を「清國ノ地理人情風俗兵備等ノ事ヨリ支那人民ニ係ル百般ノ事大率皆ナ意想ノ外ナラザルハナカリキ」と始めた。なんのかんのといったところで中国と中国人に関しては想定内というわけだ。だが、実際に接してみると、聞くと見るとでは大違い。かくて「支那ノ事ハ日本人ノ脳裏ノ權衡ニテハ決テ秤量スルベカラザルモノト知ル可シ」となる。つまり、日本人の常識ではどうにも計りかねるのである。

 その一例として小室は、なにはさて措いて清仏戦争を挙げた。

 清仏戦争(1884年8月〜85年4月)とは、植民地化を狙うフランスと自らの属領とみなす清国との間でベトナムの領有をめぐって争われた戦争である。戦勝することで東南アジアの一角に橋頭保を築いたフランスは、やがて雲南省への侵攻を始めた。これに前後してイギリスはインド東部からビルマを経て西の方から雲南省に食指を伸ばす。いわば清仏戦争は、清国にとっては南方から逼る亡国への危機の始まりであり、英仏両国からするなら中国南方の利権に照準を合わせた利権獲得競争の一環でもあったわけだ。

 当時、この戦争の推移には日本も強い関心を持っていた。そこで『自由燈(自由新聞)』の記者として、小室は上海に急派される。

 「佛艦ガ福州ニ於テ清人ト戰端ヲ開キタルノ警報到着セル後僅ニ數日ノ間ニ」、東京を離れた。戦争が始まったというわけで、押っ取り刀で上海へ駆けつけた。当時の「東京一般ノ感覚ニテハ佛清國兩國既ニ戰ヲ交ヘタルカラハ支那海岸ノ諸港ハ修羅ノ巷ト變ジ東洋ノ天ハ惨憺トシテ消烟彈雨ノ蔽フ所トナリタルナルベシ」。であればこそ、戦地となっているであろう上海に出掛けるのは死地に赴くようなものだ、と思われていた。ところが、「予ノ上海ニ達スルニ及ンデハ平和無事恰モ平日ニ異ナラズ」。そこで小室は「恰モ火事ナキニ走ルノ消防士夫ノ如」しと、自らを自嘲気味に綴った。

 やはり勝手が違う。常識が通じない。これには小室のみならず清国在住の外国人、わけて戦争における一方の当事国民であるフランス人も面食らったらしい。

 小室によれば、フランスは「償金談判ヲ速ニ決了セント」して台湾海域に艦隊を派遣したのだが、「支那ノ如ク一種無頼ノ國柄ニハ毫モ佛人ノ目的」を推量することなく、反対に「攘佛ノ上諭ヲ激出セシメ」てしまった。彼らは「自國ノ爲メニ利uスル所アルガ爲」に「一定ノ規則ニ據ラズ舊例習慣ヲサヘモ顧ミズ自己ノ儘ニ任意ニ之レヲ爲ス」というのだ。「一種無頼ノ國柄」だから「自己ノ儘ニ任意ニ之レヲ爲ス」・・・ヤレヤレ。《QED》

posted by 渡邊 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えてみた
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/