h230102-0340-2.jpg

2015年04月18日

【知道中国 1229回】 「糞穢壘々トシテ大道ニ狼藉タリ」(小室6)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1229回】        一五・四・仲四    

 ――「糞穢壘々トシテ大道ニ狼藉タリ」(小室6)
 『第一遊清記』(小室信介 明治十八年 自由燈出版局)
 
 国家存亡の火急の事態が発生しているにもかかわらず、「中秋ノ佳節」である。余裕なのか。鷹揚なのか。バカなのか。やはりバカに違いないないだろう。「隣国ノ好ミ」から現状を伝えようとする日本の好意を拒絶するとは、サイテイの極みだ。戦争である。戦争が「中秋ノ佳節」に朝廷で挙行される「今日ノ御儀式」より軽いはずがない。勝利に向けて清国官民の全機能を集中すべきものを、戦争最高責任者である軍機大臣のテイタラク。だが小室に拠れば、お笑いはまだまだ続く。

 左宗棠といえば「主戰論ノ巨魁ニシテ勇猛果斷比類ナキ人物ノ如ク中外人」に知られているが、実際は「時情ニ迂遠ナル一頑固翁ニ過ギ」ない。率直にいうなら、クワセモノ。

 清仏戦争に当たっては、当時の最高実力者である西太后の篤い信頼を背景に、影響力は李鴻章を凌ぎ、遂には上諭をえて「欽差大臣督辨福建軍務」という最高ポストを射止めた。まさに男子の本懐といっておきたい。そこまではよかったのだが、危急の事態が勃発しているわけだから、「家ニ回ラズ直ニ軍ニ赴キ晝夜兼行」のうえ任地に急行すべきものが、ゆっくりと北京を発って、10月に南京に到着。やっと任地の福建に到着した11月には「台灣ハ殆ト守ヲ失ヒ守将劉氏ハ将ニ佛人ノ擒トナラントスルノ秋」になっていた。まさに左宗棠の「迂遠緩慢ナル實ニ甚シキモノト謂フベシ」。

 それだけではない。経由地の南京で兵を募ったところ、左宗棠の「勇名ヲ聞キテ來リ應ズル者少ナカラズ旬日ニシテ數千ノ兵ヲ得タ」。だが、それほどの数の兵士を養うだけの用意がない。かくして「南京市内到ル處兵卒跋扈シテ其混雜名状スベカラズ」。たとえば「食逃ゲ押収スルモノ數フルニ遑アラズ南京及ビ沿道ノ人家ハ迷惑スルヿ一方ナラズ」といった有様である。そのうえ俄か兵士全員には軍服も武器も行き渡るわけがない。テンデンバラバラ。銃を持つ者は少なく、多くは短剣に藤蔓で編んだ盾を持たされる始末だ。これでは訓練のしようがない。「其等ノ体裁一トシテ兒戯ニ類セザルモノナシ」。こういった情況から「左氏ノ軍略ヲ知ルニ足ル」というものだ。

 左宗棠はカシュガル地方の反乱を鎮圧したことで「智勇兼備ノ大将」と評価されているが、仲間同士の内紛が原因となって反乱は自壊したとのこと。左宗棠に特段の軍略があったわけではなく、なによりも「戰鬥ノ地ヲ距ルヿ五百里ノ後ニ在リタルモノニテ未ダ曾テ親シク矢石ノ間ニ臨ミタルヿニアラズ」。つまり世間から「智勇兼備ノ大将」と持て囃される左宗棠には実戦経験がないというのだから、これが笑わずにはいられない。

 弱将の下に弱卒あり。欽差大臣督辨福建軍務ドノの下で負け戦を演じた「敗大将張佩綸ハ一發ノ砲聲ヲ聞クヤ驚惶狼狽シテ〔中略〕腰ヲ抜カシテ從者ニ扶ケラレ」た挙句、戦場から遥かに「六里」も離れた地点に身を潜めていたという。かくて「部下ニテハ人皆之ヲ嘲リ呼ンデ張六里ト云ヘリ」とか。

 前線の指揮官は「張六里」で、総大将の「智勇兼備」は完全な“上げ底”。かくして小室は、「清廷ノ人物推シテ知ルベキノミ」と、清国政府の実態を見透かしてしまった。

 次いで小室の眼は「堂々タル大帝國ノ帝都」である北京に注がれる。

 北京は「古代燕趙ノ故地ナレバ悲憤慷慨ノ士モ多カルベシ」というのが「日本人ノ想像ニテ予モ聊カ其ノ考ナキニシモアラ」ず。だが現地で見聞してみると、それは「二千餘年前ノ昔話」であり、「今ハ藥ニシタクモカヽル人物ハ見ルヿ能ハズ」。清仏戦争に敗北しても、「毫モ驚キ憂フルノ色ナキ」有様だ。地方の事は地方の責任であり、防衛の任務もまた同じ。だから地方が「勝ツモ敗ルモ我ノ干リ知ル所ニアラズ」というのが「中央政府ノ官吏一般」の共通した考えだとか。嗚呼、もう処置ナシ。滅ぶべくして滅ぶべし。《QED》

posted by 渡邊 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/