h230102-0340-2.jpg

2015年06月17日

【知道中国 1248回】 「清人の己が過を文飾するに巧みなる、實に驚く可き也」(尾崎5)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1248回】             一五・六・初六

 ――「清人の己が過を文飾するに巧みなる、實に驚く可き也」(尾崎5)
 尾崎行雄『遊清記』(『尾崎行雄全集』平凡社 大正十五年)

 長江を遡行しての内陸視察を予定していたが、どうも台湾における戦況が気になったと見え、尾崎は暫時内陸旅行を取り止め、取材のために上海に留まることにした。

 その日は10月3日。中秋節だった。「爆竹の聲朝來四方に聞ゆ、不幸にした陰霖止まず、夜に入りて月を見ず」。無聊を託つ尾崎の許に岸田吟香(天保4=1833年〜明治38=1905年)がやってきた。新聞記者出身の岸田は銀座で起こした楽善堂を拠点に目薬の「精リ水」の販売で財を為し、後に中国各地に販売網を広げ、荒尾精ら中国大陸で活動する日本人を支援。日清貿易研究所や東亜同文書院の設立に動いた。初期の良質な大陸浪人の象徴。

 話が「清國の地制」に及ぶと岸田は、「支那に郷縉なる者あり、即ち大地主にして其所有地の多き、甞て本邦人の夢想せざる所、一人にして數十里を有することを説く勿れ、數百里を有する者又之れ有り」と説きだした。その財力は計り知れず、「侍妾數百の生計を營む」ほどだ。地方における隠然たる権力は凄まじく、府知事縣令なども「其鼻息を窺うて政を爲す」ほど。「若し誤て郷縉の怒に觸るれば、政績決して擧がる能はず、贈遺決して多きこと能はず、租税決して額に充つること能はざればなりと」。

 じつは「受負主義」の清朝の税制によれば、府知事縣令など地方の首長は各地方に割り当てられた税額を中央に上納した後の残余を自分の懐に仕舞い込んでいいことになっている。もちろん上から定められた税額を集められなかったら自分から持ち出すことになるが、そこは「官吏皆収斂の術に長ずるが故」に、徴税実績が予定を下回って自分で負担するなどというヘマをすることはない。反対に自分の取り分を大幅に増やすため、過大に徴税する。だから「一人官吏と爲れば子孫數世坐して富豪翁たることを得」。そこで「土皇帝」と呼ばれ、地方では皇帝然と振る舞い、各地の生殺与奪の万能の権限を手にする郷縉にヘソを曲げられたら、府知事縣令などは政治を行えないばかりか、肝心要の徴税すら覚束なくなってしまう。

 この「郷縉」という名の地主たちを、毛沢東は「土豪劣紳」として攻撃した。広大な土地を手にした彼は土地をテコにして圧倒的多数の農民を支配する一方、科挙試験を通じて身内から官吏を送り出し実質的に王朝を動かして来たからだ。彼ら地主を封建中国のガンと見做した毛沢東は、彼らを抹殺し奪い取った土地を分け与えることで、農民の支持を得たのである。この「土地改革」と称する恐怖政治が、共産党政権誕生の基盤だった。

 閑話休題。

 台湾での戦況が動き出した。フランス軍が北部の淡水を占領したようだ。やっと清朝から福建省の福州における戦況報告が公にされた。だが「舞文、過を飾るの巧妙なる、人をして一噴飯に堪えざらしむ」もの。かくして「其怯を轉じて勇と爲し、惰を化して勤と爲すの手段に至ては丹を練るの道士、空中樓閣を築くの小説家と雖も、恐くは三舎を避くべし。總て支那人の事を記するや、耳目の見聞する所に據らずして、想像の馳聘する所に據る、故に其記事の皇張誇大なる遠く本邦人の意想外に出で、動もすれば一二尺に足らざる白髪を、皇張して三千丈と云ふに至る、豈に啻だ針を以て棒と爲すの類のみならんや」と。

 ――卑怯な振る舞いを勇猛果敢と言い換え、怠惰を勤勉と粉飾する中国人にかかったら、万能の丹薬を作れると嘯く道士も嘘八百を書き連ねる小説家も敵わない。だいたい彼ら中国人は実態に基づくわけではなく、想像の赴くままに欲望の翼を目いっぱいに広げて書き捲る。だから、その記事の誇大妄想ぶりは日本人の想像の域を遥かに超えている。白髪三千丈に針小棒大。これこそが彼らの本質だ――

 そこで考える。AIIB、「一帯一路」、「中華文化の偉大な復興」、「中国の夢」とは、さてさて「耳目の見聞する所に據らずして、想像の馳聘する所に據る」ものなのか、と。《QED》

posted by 渡邊 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/