h230102-0340-2.jpg

2015年07月16日

【知道中国 1258回】「清人の己が過を文飾するに巧みなる、實に驚く可き也」(尾崎15)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1258回】            一五・六・念六

 ――「清人の己が過を文飾するに巧みなる、實に驚く可き也」(尾崎15)
 尾崎行雄『遊清記』(『尾崎行雄全集』平凡社 大正十五年)

 某日は「暴風雨、窓戸鳴動」である。だが中国の家屋はビクともしない。そこで尾崎は、「此暴風雨をして日本の在あらしめば、家屋の倒破する者必ず多かる可し。支那人の家屋は汚穢厭ふ可しと雖も其結構頗る堅牢、此暴風雨に遇ふも毫も倒破の患なし。支那人能く此堅牢の家屋の家屋を構造するの力有て、之を修理掃清するの風習なく、終に宏壮の家屋をして、惡臭紛々幾ど迎ひ近づく可らざるの状態に陥らしむ」と考えた。確かにどうしようもなく汚いが、これだけ堅牢な家屋を建てられるのに、なぜ修理・保全をせず、壮大なゴミ屋敷としておくのか、と。そこで「豈に奇ならずや」となるわけだが、尾崎の考えは家屋から国土全般に及ぶ。

 「此奇態は獨り家屋に於てのみ之を見るに非ず、國土に於ても亦之を見る也。夫れ支那の國たる境域極て廣く、人民極めて多く、土壤極めて肥たり。其政府をして苟も敗頽を修理し、弊習を掃清するの術を知らしめば、富國強兵手に唾して之を得可く、全歐の諸國に對敵して戰ふことを得可し、又何ぞ區々たる佛國の偏帥に蹂躙せられて、恐怖戰慄するが如きことある可んや」

 ――国土は広大で、人口は余りにも多い。そのうえ土地は肥えているのだから、政府が十二分に心を砕き、悪い伝統・習慣の改善に努めるならば、富国強兵は容易であり、ヨーロッパ諸国を敵に回したとしても、堂々の戦をできるはず。フランスのヘナチョコ野郎に思うが儘に振る舞われ、ビクビクすることもなかろうに――

 尾崎は続ける。「其今日東蹶西躓動もすれば獨立だに保持する能はざるの形勢あるは、風氣頽敗して之を匡救することを知らず、人心萎靡して之を振作することを知らず、其國家に於ける恰も家屋に於けると同じく、毫も修理掃清することを知らざるに坐するのみ」

 ――現在、時の流れに抗い、何とか方策を講じてはいる。だが、それも無駄というもの。独立さえ危ぶまれる。頽廃する一方の国内情況を匡正すことを忘れている。だから人心は萎縮するばかりで、国内に覇気・元気がみられない。それは、まるで家屋の修理・保全を忘れた姿に同じであり、坐して国家崩壊を待つばかりだ――

 この日、ヴェトナム北部から「清兵大勝」の報が届いた。これは「清國官吏の手に出る者」だが、じつは既に同地からフランス軍勝利の報告が「佛将の手より到」っている。かくて尾崎は、「戰一にして其勝敗を説く各々異なり、余甚だ其何れが是非を判定するに惑ふ」と。とはいえ、これまでの経緯から考えれば「清兵大勝」は眉にツバ、だろうに。

 某日、フランスが新たに7000人を派兵したとのロンドン発の電報に接する。そこで尾崎は、フランスが相手にしているのは「堂々たる支那帝國」であり、「四億有餘千萬の人口を有する大國」である。にも拘わらず僅かに7000人という。「佛将の眼中既に清國なきを如何せん」。酷く舐められたものだ。かくて尾崎は「嗚呼亞洲の歐州と競はざるや久し、今日佛政府清廷を遇するの法を見るに、幾んど大人、小兒を弄するの觀あり、余覺えず長嘆大息す」と。そこで「静坐して亞洲向後の趨勢を沈思黙考」していると、家の外で「喧嘩騒擾の聲恰も百雷一時に墜つるが如き者あり」。何だと思って慌てて窓を開けると、目の前の蘇州河を行き来していた炭船が小蒸気船と衝突し転覆した直後だった。

積み荷の炭が荷崩れし河を漂い始めるや、辺りを航行していた船が一斉に衝突現場に急行し、「先を爭ふて水に漂ふ木炭を撈取する也」。ドサクサに紛れて誰もが木炭を「盗むの意有」るからこそ、「甲乙相毆ち丙丁互に爭ふて此一大騒擾を生ぜるのみ」。この浅ましい姿を前に、「余之を見て禽獸食を爭ふの状あるを嘆ず、禽獸尚ほ禮讓の道を知る者あり、支那人の人毎に盗心は所謂人を以て飛禽走獸に如かざる者」。さもしい限り、である。《QED》

posted by 渡邊 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/