h230102-0340-2.jpg

2015年08月20日

【知道中国 1268回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡9)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1268回】         一五・七・仲六

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡9)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)
 
「洋烟機器」についての論争から1週間ほどが過ぎた8月1日、論争相手の友人が漢詩を4首作って訪ねて来た。そこでまた岡は自論を展開する。

 ――最近、世の中の風潮は一変し、各国が往来するようになった。これこそ、「五洲(せかい)」の情勢の一大転換だ。にもかかわらず、「拘儒紆生(いしあたまのくされじゅがくしゃ)」は「經史(こてん)」を繙きながら「陋見(じだいおくれのおろかなかんがえ)」を主張する。「宇内(せかい)」の大勢というものを知らない。「巣幕之燕(きけんきわまりない)」。火が身近に近づいていることを知らないということだ。

 私見だが、やはり先ずは烟毒と六經(儒教古典の『詩経』『書経』『易経』『春秋』『礼記』『楽経』)の害毒を洗い流さなければ、「中土の事」には手を下せない。六經には信じるべきところもあれば、信じるべきでない個所もある。にもかかわらず信じる必要のないところを信じるから、害毒は至る所に及んでしまう。聖人である孔子や孟子は精神世界を論じ、これに対し欧米の学は現実問題を徹底追及しているのだ。昨今の情況を論ずる場合には、欧米の視点に立脚しなければならない――

 どうやら岡の“堂々たる正論”に反論することもなく、送別の宴を催して応えている。

 岡は「烟毒」と「六經毒」が中国を滅ぼすと主張する。前者は肉体を無慈悲なまでに破壊し尽くしてしまい、後者は人間の頭脳を時代遅れのままに押し止めてしまう。それは個人も国家も同じということだろう。

 ここで日記の日付が前後することになるが、「烟毒」と「六經毒」に対する岡の考えを纏めてみておくこととしたい。

――(中国人の著書を読んで)清国が抱える問題点を衝いた正義の書といっていいが、「中土」であれ固より「憂世の士」は少なくない。だが、アヘンを禁ずるべきではなく、人民に罌粟栽培を許し、外国産の流入を防止すべきだと主張するに至っては、また何をかいわんや、だ。これでは猫に鰹節、泥棒に追い銭というもの。後に、この著作を知り、山西や四川では罌粟栽培を倍々ゲームで拡大しているではないか。噫(8月18日)――

 清朝のアヘン政策には「内禁策」と「外禁策」があった。簡単にいうなら前者は国内での罌粟栽培禁止、後者はアヘンの輸入禁止ということになるが、前者を実施すると輸入が増加し財政がひっ迫する。後者に切り替えると密輸が横行してしまう。いずれにせよ中国人が莫大な量のアヘンを消費するからであり、内外禁のどちらの政策も失敗し、遂には1840年のアヘン戦争に立ち至ってしまったわけだ。いいかえるなら中国人がアヘン吸引の悪習を止めれば、「烟毒」が清国を亡国の深淵に引きずり込むことはなかったはず。

 岡が読後感に「噫」と嘆いた著作の著者は、外禁策を主張していたことになる。

――船旅を共にしてくれる船頭は、能く艱難に耐え有難いかぎりだが、ただ困るのは少しでも暇があると、船底に寝転んで「毒烟(アヘン)」を吸い始めることだ。「毒烟以外、人間(このよ)に樂事(たのしみ)の有るを知らざる如き者なり」(8月19日)――

――「烟毒」と「六經毒」を一掃しないかぎり、現在の「中土」の将来はない。六經には毒がある。だが「中人」は儒教古典が説く役にも立たない末の末の主張に囚われ、それを固く守るだけで能がない。西洋人は実学を研究し「實理」を発明しているが、「爛熟六經」なんぞでは、とても敵わない。書物を盲信するというのなら、書物なんぞ無い方がいいに決まっている。六経が流す毒は、晋・宋の両王朝を崩壊に導いた老荘思想の毒と同じではないか。(8月22日。上海に戻り岸田吟香に向って)――

 これを聞いた岸田吟香は、「案(つくえ)を撃(たた)き名言と爲す」と。《QED》

posted by 渡邊 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2015年08月19日

【知道中国 1267回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡8)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1267回】         一五・七・仲四

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛??」(岡8)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)

 ――いいかい、「中土」が西洋人を「豺狼」として遇するから、彼らは敢えて「豺狼」になって「中土」に対するのだ。かりに「中土」が「堯舜の心事」を以て彼らに臨めば、彼らだって誠意を持って応ずるに違いない。林則徐は「愚民」にアヘン吸引を止めるよう諭したが、実効は挙がらなかった。そこで卒然と決起しイギリスに戦いを挑み、烟膏(アヘン玉)の奪取に成功した。だが、それは一時の憤激を鎮静化させることでしかなかっただろう。思い起こすなら、「堯舜は内に文ヘを修め、外に武衛を奮う」ことに努めた。これを無意味で粗野な振る舞いというのか。数10枚の紙に書き連ねて懇切丁寧に説いたが、終に彼が納得することはなかった――

 「竟に服せず」と記しているところを見ると、どうやら友人は相当に堅い信念、いや堅いアタマの持ち主だったようだ。かくて岡は友人を、「奇氣有り。文筆縦にして實に得難き才を爲す。而るに言、外事に及ばば、頑然として迷を執る。一に此の極みに至る。殆ど解す可からざる者」――あれだけの才に恵まれた人材は実に得難い。だが、一たび外国のこととなると頑迷固陋に凝り固まってしまい、そこから脱することが出来ない。なんとも惜しく、また理解できないことだ――と評し、論争を締め括っている。

 それにしても、である。中国語の会話ができない自称する岡であるから、これだけの白熱した論争は筆談で交わされたわけだが、互いに言いも言ったり聴くも聴いたり――いや、正確には「書くも書いたり読むも読んだり」といったところだが、卑屈になるわけでも尊大に構えるわけでもなく、これだけ正直で全うな議論を交わすことができた時代は、ある面では両民族の歴史にとって幸運な時代だったともいるだろう。

 この白熱論争の数日前に当る7月20日、岡は、周囲が「高二三丈」の石塀で厳重に防護されている士大夫の邸宅を訪れ、その家庭の姿から、アヘンと科挙の関係を考察している。

――その家では、雨水でないとお茶から香華が立ち昇らないというので大きな水甕を幾つも用意し、雨水を貯めている。贅を尽くした家具調度の屋敷には大所帯の一族が住み、一切の作業や畑仕事は「隷氓」に任せ、一族は労働ということをしない。息子が8,9歳になると家庭教師を雇い勉強を始める。とはいうものの生活の心配がないから、やはり「驕奢」に流れてしまいがちだ。そのうちの優秀な者は、科挙試験合格を目指して無味乾燥で無意味極まりない形式ばった文章術に心を砕き、やがて精神を消耗させてしまう。

 何度受験しても科挙試験の難関を突破することができないとなると、「不平(ストレス)を酒色に漏らし頽然(ふぬけ)となり自ら放(ゆる)み、心を世事に役(くだ)かず、猖狂を達(さとり)と爲(な)し、放誕を豪(つわもの)と爲し、妄庸を賢(かしこし)と爲し、迂疎を高(すぐれもの)と爲す。或は洋烟に溺れ資産を蕩(つかいつく)し、子女を賣り、性命を縮めるに至るも自ら悔(かえりみ)ず。余、此こに來たりて月を累(かさ)ね、ほぼ中土の病原を得たり。此こに附記す」――

 上海到着から1月半ほどだ。この間の観察で岡は「中土の病原」を発見したというのだ。ならば「中土の病原」とは、果して資産を蕩尽するほどの贅沢な生活なのか。精神に異常をきあすほどに難関だったといわれる科挙制度だろうか。身も心もボロボロになり果て廃人と化してしまう洋烟なのか。自堕落で身勝手極まりない生き様だというのか。いずれにせよ、それらすべてが相互に絡み合い互いに負の連鎖反応・相乗効果を挙げながら、人間を生き地獄に引きずり込んでしまう。「中土の病原」とは、これに違いなし。

 岡の発見から百数十年。「中土の病原」は、共産党独裁という培養器の中でゼニと利権を餌に細胞分裂を繰り返し、狡賢・強靭さを増しつつあるように思えるのだ。《QED》
posted by 渡邊 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2015年08月18日

【知道中国 1266回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡7)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1266回】          一五・七・仲二
 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡7)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)

 清末の危機的情況に警鐘を乱打した思想家の魏源(1794年〜1856年)を論拠に、岡は自論を展開する。因みに魏源の主著で知られる『海国図志』を手に、我が幕末の志士は世界に目を見開くことを学んだ。魏源は真の学生を、「中土」ではなく日本で得たわけだ。

 ――かつて魏源はアヘンの毒について論じ、「中土の精英」を失わせ、毎年計り知れないほどの金額が消耗されるが、それを塞ぐことができない。底の抜けた甕に水は溜まらないものだ。また、魏源は次のようにも説いている。日本は「水戰火攻(かいせん)」では「中土」のようではないが、厳格な沿岸警備、厳罰、幕府の威令によって「邪教を禁じ。烟毒を斷ち」、結果として軽犯すら犯すことはなかった。確かに清国の「水戰火攻」は西洋には及ばないものの、全くダメというわけでもない。沿岸を防備し「邪」を禁止することが日本に及ばなくても、果たしていいのか。王朝の威令が海外にまで及ばないことは致し方がないことだが、国内でアヘンを販売し、アヘンを吸引する愚民の横行を許していいのか。以上が魏源による「實に沈痛の言」である。だが「中人」はこと此処に至っても「猛省」しない。いったい、これはなんということだ――

 その場に居合わせた友人が名香で練り上げたて作った念珠を見せながら、「路上の汚穢惡臭、人をして勝(た)えざらしむ。故に香珠を手にし鼻端に薫(かお)らせん」と。街に満ち溢れるアヘンの悪臭を防ぐべく香りのいい念珠を首から下げ、常に鼻先にいい香りを漂わせておこうという趣向のようだ。だが、「中土」の街巷は狭隘なうえに塵穢の山であり、とてもじゃないが悪臭を防ぐ手立てはない。かくて香珠は無残にも役に立たない。

 その翌日のこと。西洋の例を挙げながら度々「烟毒を痛論」する岡に堪りかねたのか、友人の1人が反論を始めた。李鴻章は近代化と称して西洋の真似をしたが莫大な予算を投じたものの大失敗で「大いに民心を失ったではないか」と。そこで岡が反論する。

 ――西洋人は近代的な機器を造り、船舶を走らせ、紡織機を使い、様々な産業を興した。やがて富国強兵を達成し、世界に冠たる地歩を築いた。いま、李鴻章が進めている近代化は西洋の良い点を取り入れて自分のものにしようとする試みであり、国の大本を固めようとしているのだ――

 すると友人は、「機器なんぞ聖人の脳中にはなかった。『此徒』が企んでいることは『國人を率い質實を去り、機巧に趨(む)かわしめるのみだ』」と反駁する。孔子は機械なんぞについて説いてはいない。ヤツラが狙っていることは我が民から質実な精神を抜き去り、たんに世故に長けた人間にしようとしているだけ、とでもいうのだろう。それにしても時の最高実力者であった李鴻章を「此徒」と表し軽んずるということは、「洋務運動」と呼ばれた一連の清末近代化政策を進めた李鴻章に対し、余ほどの怨みを持っていたのだろう。

そこで岡が切り返す、

 ――たとえば周公旦の指南車、孔明の木牛流馬だが、あれは機器ではないのか。聖人は鋤や鍬を考えだし農業を教え、機織り機を造って機織りを学ばせ、鋸や斧を工夫し住居を与えてくれたのではないか。機器でないものがあろうか。いま西洋人は工業を説き、機器を発明しているが、あたかもそれは「中土の聖人」が作って人に教え授けたことと同じだろう。ただ、それを大掛かりにしただけだ。堯舜は人民に善を施した。いまキミは「質實を去り、機巧に趨かわしめる」などと口にするが、バカバカしいのも程ほどにしておくがいいだろうに――

 すると友人は「變色」し、「イギリスやフランスの『豺狼(けだもの)』に『人理(ひとのみち)』が当てはまるのか」と猛然と突っかかって来た。そこで岡は静かに諭す。《QED》

posted by 渡邊 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2015年08月17日

【知道中国 1265回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡6)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1265回】         一五・七・十
 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡6)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)

 岡は反論を記した。そうはいうが「中人」は地面に着きそうに長い弁髪なるものを垂らし、「毒烟(アヘン)」を嗜み、「食色」に淫し、婦人は纏足で、家には厠がない。街路は車馬が通れないほどに狭いではないか。自分たちの常識・基準で相手を批判すべきではない。そもそも日本と「中土」とは「同文」で隣同士だが、風俗というものは異なっていて当たり前だ。欧米なんぞは遥かに遠く、民族の種類が違うし、宗教も文字も全く相反している。だが最近は世界中が往来し、互いに友誼を結ぶようになった。「此れ、眞に宇内(せかい)の一大變(さまがわり)だ」――もう世界は変わったんだから、いつまでも自分たちの価値基準を絶対視し、それでもって他国や他民族の風俗習慣をとやかく論難すべきではない、というのだろう。やはり岡も、「中人」が万古不易に盲信する超自己チューにクギを刺す。

 岡は杭州に夏の暑さを避けるため、6月末から8月の半ば過ぎまで杭州に「小住」する。寺廟や景勝地を訪ね友人との往来を愉しんでいるが、興味深い記述の数々を綴っていた。
夜、街を散歩し、乞食の硬直死体やら首枷を嵌められた犯罪者を目にする。犯罪者は道の傍らに蹲り、通行人に銭を乞い腹を満たそうとする。「恬として羞色無し」と。恥を知れ恥を、である。

 杭州の一角には慈善家が資金を提供して運営する善済堂という施設があり、1000人ほどの身寄りのない60歳以上の男を収容している。5人1部屋で、食事は「一飯一味」。寺院の斎堂のようなものだ。日を定めて酒と肉を提供し、「剃髪湯浴醫藥」については専門の担当者を置く。庭には仏堂があり、仏道の修業をする。求めに応じ冬には綿入れを、夏には暑さを避けために敷いて寝るゴザと団扇を給付する。欠員が生じると、抽選で補充する。この他に、「貧民棄兒」を養うための育嬰堂、「節を守る」がゆえに生活に困窮する未亡人を収容する清節堂がある。これら施設を指し、岡は「此等、歐俗に類す」と。

 杭州に来たら岳飛廟参詣は定番コースである。岳飛は宋代の将軍で侵略を繰り返す異民族と戦った“永遠の民族の英雄”とされ、その傍らには異民族には戦でなく和議で臨むべしと唱えたが故に“永遠の漢奸”とされる秦桧と王夫人の銅像がある。2体は地上に倒され、参詣者から降り注がれる小便で、「臭氣、鼻を撲つ」と。岳飛廟詣での際、憎しみの余り小便をかけるといわれているが、さて衆人環視のなかでイチモツを引っ張り出して事に及んだのだろうか。まさか、現在では、そうはしていないと思う、いや思いたいのだが・・・。

 夜、ある僧侶と一刻を過ごした後、「歸途、月に乘りて市街を徘徊す。烟店を過ぎる毎に臭氣、鼻を衝く。曰く、杭一城、烟を業とするもの、千餘戸を下らず」。杭州だけでも千軒を超えるアヘン吸引宿があったというのだから、これはもう処置ナシ。

 友人宅で山海の珍味で持て成される。宴終わるや蒸しタオルでサッパリし、お茶を愉しむ。別室には必ずアヘンが用意され、2人で顔を見合わせ、アヘンを吸いつつ会話を交わす。「此れ、常法と爲(な)る」。そこで岡は、アヘンの毒は人命を縮め国力を殺いでしまうから、如何なる理由があれ「苟も人心有る者は」アヘンを吸うべきではないと痛罵する。

 すると岡の説を「悦ばざる」友人が、アヘンは「中土」では一般の風習となっているから、「聖人、再び生まれたと雖も、復た救う可からず」と反論してきた。そこで岡は「衷心由りの言に非ざると雖も、亦、以て其れ弊害を成すこと、一に此の極みに至るを知る可し」と。つまり真顔で言っているわけでもなかろうが、この種の軽口を叩くこと自体、アヘンの持つ害毒を軽々しく考えている。もはや救いようがないとでもいいたかったはずだ。アヘンの弊害について、怒りを込めて記しはじめた。やや長くなるが、当時の日本人の中国観の一端を知ることができそうなので、岡の主張に耳を、いや目を向けてみよう。《QED》

posted by 渡邊 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2015年08月05日

【知道中国 1264回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡5)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1264回】           一五・七・初八

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡5)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)

 6月19日に役所から蘇州・杭州を経て寧波に至る旅の護照(パスポート)をえた岡は、21日に最初の訪問地である蘇州に向けた船旅にでた。

 川岸に「巡電房」の3文字を掲げた建物が目に付いた。当局が新設した送電設備で、巡邏を置いて警戒しているとのこと。船頭の話では、電柱に牛を繋ぐものがあり、巡邏が取り締まっているが、「百金」の賄賂で罪を見逃してもらえるとのこと。例の「上に政策あれば、下に対策あり」ということだろう。それにしても「百金」は誰の懐に納まるのか。

23、24日と岸に上がって市街を散策するが、岡は十重二十重に囲まれた。やはり岡の着る「異服」が珍しいようだ。「異服」というから和服だろうが、おそらく彼らは口々に、「アイヤー、あれ、何の服のあるのことか」とか、「日本人、オカシナ服のことあるね〜」などと無駄口を叩きながら、岡の後を追いかけたに違いない。さすがの岡も早々と船に引き上げている。また別の街では、「街衢(まちなみ)は太(はなは)だ隘(せま)くして、丐徒(こじき)の客を尾(お)い、穢臭の鼻を衝くこと厭う可し」と。狭く汚い通りで、鼻がヒン曲がりそうな悪臭を発しながらの物乞いである。彼らに付き纏われたら堪ったものではない。匆々に退散するのがイチバン。やはり三十六計逃げるに如かず、である。

 そうそう乞食についての思い出を、1つ2つ。これも香港留学時代。

その1。京劇の“研究”に入れあげた結果、生活費を切り詰めざるを得なかった。そこで食費を大幅にカット。当然のように体は痩せ細る。尤も痩せた時は175cmで40数キロ。激ヤセである。毎週1回、香港島と九龍の間を往復するフェリーを利用していたが、もちろん料金の安い方の席だ。木製の長椅子に他の乗客と一緒に並んで座る。フェリーが動き出して暫くすると、乞食が立ち上がってギーコーギーコーと手作りの胡弓を拉きはじめた。“一曲”が終わると、彼はブリキの蓋を逆さまに持ち、客の間を歩き出す。“演奏料”を求めるのだ。1人、また1人とゼニをもらいながら、こっちにやって来る。来たってやるものか。だいいち、こちらには乞食に恵んでやるほどの余裕はないと思って身構えていると、やおら彼は私を飛び越して隣の客の鼻先にブリキの蓋を差し出していた。

 その場の顛末を話すと、友人は乞食から商売仲間だと思われたんだ、と。その後、フェリーで彼の演奏を無料で愉しむ“特権”を享受し続けたのだが。嬉しいやら悲しいやら。

その2。南方とはいえ冬の香港は寒い。いや、結構寒い。ある時、パンツ1枚の乞食と知り合った。だが寒い。とにかく寒い。パンツ一枚で凌げる寒さではない。そこで彼は走る。体を温めるには走るしかない。チョークを使って見事な筆跡で自らの人生を歩道に記し、その隣に小さなバケツを置いて通行人に“浄財”を求める。時に奇特な歩行者が彼の人生行路に同情しバケツにカネを落とそうとするのだが、なにせ彼は走り回っているので、“定位置”に不在である。そこで歩行者は一度出した財布を引っ込めて立ち去ってしまう。かくして彼のバケツに“浄財”が投じられることは稀だ。とはいうものの、バケツから少しはなれた場所で一部始終を観察していたわけだから、同類と見做されても致し方はない。奇特といえば奇特が過ぎるが、思い起こせば有り余るヒマを潰すには最高の一刻だった。

閑話休題。

26日、蘇州で友人らと歓談の機を得た。参集する者は4人ほど。「余、華語を解さ」ないゆえに、傍らで手持無沙汰に坐っているしかない。どうやら彼らは、椅子を使わずに直に床に坐り、食事をするのに机はなく、寝るのにベットがなく、上下が繋がった服を着て、婦人の歯は鉄漿で真っ黒で、広い帯で腰をキッと締めている――と日本の風俗を論い、外国人には理解できないと首を傾げているらしい。そこで岡が反論を記すことになる。《QED》
posted by 渡邊 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/