h230102-0340-2.jpg

2015年11月07日

【知道中国 1319回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡60)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg
【知道中国 1319回】         一五・十一・初七

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡60)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)

 1月11日、岡は香港に上陸する。道路は立派に補修され、水はけの便を考え中央部が盛り上がっている。さすがに植民地経営馴れしたイギリスだけあって、自分たちの生活を第一に考えたインフラ整備が進んでいる。下駄ではとても歩けそうにない急勾配の坂道を岡は領事館に向うが、そこでイギリスからやって来た4人から、「フランスは新たに大軍を派遣し、スリランカもシンガポールもフランスの軍艦が碇泊していない港はないほどだ。『中土』はいよいよ多事多難な情況を迎えることだろう」と最新情報を聞く。再び戦雲が立ち込め始めた。

 翌(12)日、香港の街を散策。たまたま目にした兵営では三階建ての兵舎の周囲に花々が咲き乱れ、まるで「王侯の荘園」のようだ。紅色の「閑雅」な軍服に居ずまいを正し、イギリス兵は往来を颯爽と行き来している。山を背に海軍病院が、戦艦には陸軍病院が設けられ、海で病んだ者は陸で、陸で病んだ者は海で治療することで病気回復を早めるとの試みだ。なにもかもが整ったイギリス軍である。そこで岡は、

――「洋人」は兵たることを楽しんでいる。これに対し「中人」は「游手(プータロ―)」を集めて兵とする。「頭會(かんぶ)」は勝手気ままに税を取り立て、人々を犬馬の如く扱う。これでは戦う前から勝敗は明らかだ。(1月12日)――

 確かに「游手」を強制的に駆り集めて仕上げた軍隊では、「戦う前から勝敗は明らかだ」ろうに。イギリスの香港領有がもたらした変化を、

 ――当地をイギリスが開いてから僅かに42年に過ぎないが、各国は外交館を置き外交官を派遣し、地政学のうえから「東洋各國を控御(おさえ)」ている。これこそ、常日頃から唱えている『宇内(せかい)の大變局』というものだ。(1月12日)――

 その夜、友人と酒を酌み交わしながら語った。

 ――清仏戦争が始まって以来、香港は局外中立を宣言して来た。フランスの戦艦が糧食や燃料の石炭を求めると、東に向かう場合には台湾で、西に向かう場合にはサイゴンで調達すべしと伝えていた。だが前日に入港したフランスの戦艦を修理しているが、中立法を犯す行為といっていい。同盟というものは、戦時体制を布いたうえで局外中立を宣言すべきものだ。いま清仏両国は交戦中だが、中立を宣言する同盟国は現れない。やはり万国公法(こくさいほう)は東洋諸国では未だ行われていないということか。(1月12日)――

 15日、香港を発って珠江を遡る。零丁洋やら虎門やらアヘン戦争の激戦地を過ぎると、やがて船は広州の港へ到着し、「舌學(かんとんご)」を学んでいる広瀬二郎の出迎えを受けた。

 翌々日、広瀬を訪ねる道すがら岡は大小無数の船が屯している情景に出くわすのだが、そこに数10隻を繋ぎ合わせ大邸宅のように設えた施設があった。通路が縦横に通じ、陸上と見紛うばかり。水上の歓楽街だった。以下、原文をそのまま書き写しておくが、漢字が醸し出す雰囲気から岡の目にした情景が感じられるはずだ。確かに漢字は感じ。

 ――毎家貯妓。翠幄錦帳。宛然迷樓。皷板絲肉。喧無晝夜。嫖客蕩子。魂飛肉走。其連船隻。爲屋宅。豈恐其淫蕩傷風俗耶――

 客待ちする娼妓たちの艶姿は、店先に下がる色鮮やかな暖簾に隠れて見えない。暖簾をヒョイと跳ねあげた店内に入ると、そこは陶然たる雰囲気に満ちた別世界。男心を誘う調べがゆらぎ漂い、昼でも夜でも耳朶に聞こえるは嬌声と歓声。遊冶郎の魂は舞い踊り、放蕩者の肉欲は猛然と飛び跳ねる。船べりを連ねて作られた歓楽街の佇まいは、怪しくも脂粉の香に満ちて淫蕩(とろ)けるような・・・頽廃の世に堕ち行くこと必定だ。《QED》
posted by 渡邊 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2015年11月05日

【知道中国 1318回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡59)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1318回】         一五・十一・初五

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡59)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)
 
 『觀光紀游』は、たとえば再度の上海滞在部分は「滬上再記」といったように岡が歩いた地域によって分かれている。「滬上再記」を終り、これからは香港・広東方面の旅を綴った「粤南日記」を読み進むこととなるが、冒頭に置かれたM田源なる岡門人による漢文の「序」を読んでみると、当時の日本における中国観の一端が伺えるようにも思える。

 岡自身の筆になったわけではなかろうが、門人の主張は師匠たる岡のそれに同じであったはずだ。いわば当時の日本における中国観の一端――少なくとも岡一統のそれが、序に現れていると考えても、強ち間違いではないだろう。そこで「粤南日記」に入る前に、参考までにM田の序を読んでおくこととする。

 《「東洋各國」において最も国土が広いのが「漢土(ちゅうごく)」で、それに次ぐのが我が国だ。「朝鮮安南」は大陸の端の隅で自らを守っているが、国は小さく勢いは振わず、「東洋の輕重」を語るには力不足だ。「印度緬甸(ビルマ)暹羅(シャム)」などはイギリスの植民地に甘んじ、あるいはフランスの掣肘を受ける始末であり、最初から話にはならない。であればこそ、「東洋」に在る国の中で「歐人」に抗することができるのは、ただに我が国と「漢土」のみということになる。だから「漢土」が我が国と力を合わせるなら「歐土」に対抗することは可能である一方、背を向けあったら、我国と「漢土」とは共に立ち行かなくなり自立できない。

 「歐人」は努めて深謀遠慮であり、たとえばロシアは日本に対しては「唐太(カラフト)島」を求める一方、「漢土」に向っては黒龍江沿岸を侵略した。まさに勢いに任せた怒涛のような「東洋」掠奪は防ぎようがない。

 現下の情況で考えられる方策は、我が国が「漢土」と互いに助け合い、平時には互いに富強を図り、有事の際には相互協力し連合軍を組織して憂いと喜びを共にする。こうすれば、彼らも狡猾さを発揮することもできないし、東洋侵略の「志(やぼう)」を膨らませることもないだろう。

 だが「漢土」は「東洋大勢」のなんたるかを弁えていない。我が方が琉球を県に組み入れれば「大邦(たいこく)」を蔑ろにするのかと逆恨みして大騒ぎし、我が方が朝鮮の非を問えば属国である朝鮮への容喙は許さないと鼻息荒く息巻く始末だ。双方が猜疑心を募らせ、互いを詰るなら、共に相容れない関係に陥ってしまい、とどのつまりは「歐人」を利するだけでなく、「東洋」にとって計り知れないほどの不利となる。

 (中略)今回の旅行に際し、岡先生は南遊して香港まで足を延ばし「英佛の跳梁」を目の当たりにし、北は河北省北部まで歩を進め「俄虜(ロスケ)」の他国蚕食の実情を確かめ、上海・福州の諸港を経巡ったのである。「我が東洋」に対する彼らの振る舞いを知るほどに、「悲憤鬱積」を禁じえなかった。かくして「彼土(ちゅうごく)」の士大夫と今後の方策を論じ、やはり実態なき虚勢では西欧勢力の東洋侵攻の轟々たる歩みを防ぐことは出来ないことを指摘したのである。

 目の前のチッポケな好悪損得で外交を進めたなら、敵に不要な外交シグナルを送ることになり、敵を喜ばせ利するだけであり、本来の大きな目的を失うことは必定だ。「小忿」は呑み込み、「私怨」腹中に押し留め、かくして「東洋百代の利」を目指すべきである。》

 ――以上が濱田の序の要約である。岡や濱田の時代から130年ほどが過ぎた21世紀初頭の現時点に立って改めて濱田の主張を考えてみると、「小忿」と「私怨」が渦巻く相も変わらずの構図としかいいようはない。しかも、それは所謂「歴史問題」という名の“厚化粧”が施され自家中毒気味に拡大するばかりだ。「東洋百代の利」は・・・夢のまた夢。《QED》
posted by 渡邊 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

【知道中国 1317回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡58)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1317回】        一五・十一・初三

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡58)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)
 
 トホホといえば4日のこと、である。日本公使館某書記が訪ねてきて話すには、上海在住邦人の半数強が女性で、例外なく「閭(まちかど)に立ちて嚬笑(わらい)を賣る者」。つまり“立ちんぼ”。公使館としてはその賤業を嫌って法律で取り締まろうとするが、なにせ客が外人でもあり取締りは思うに任せない、とか。

 当時、上海にどれほどの数の日本人が住んでいたのかは不明だが、その半数が女性で大部分が売春婦。しかも外人相手なら、所謂「ラシャメン」ということになるだろう。さて彼女らは、いったい、どこから上海にやって来たのか。天草か熊本か。ここで思い出されるのが稀代の詐話師で知られた女衒の村岡伊平治(慶應3=1867年〜昭和18=1943年?)である。彼の自伝を読むと、岡が中国に滞在していた前後の18歳頃の香港渡航を機に、中国各地、シンガポール、カルカッタ、ジャカルタ、ハノイなど各地を転々と流れ歩き様々な職業を転々としながら女衒を生業とするようになったと記されている。岡と若き日の村岡が上海で出くわすことはなかっただろうが、あるいは岡の上海滞在時に「閭に立ちて嚬笑を賣る者」の中には、後に村岡に世話になった女性もいたかもしれない。

 いよいよ上海を離れることを知って別れの挨拶にやって来た中国人の友人の1人が、朝鮮での事件を熱く語りはじめた。そこで岡は、

――いまや「五洲(せかい)」を見れば、電信に遠洋艦船、それに大小の兵器の進歩は著しい。地球は小さくなって、万国は隣り合っているようであり、最早、内外の別はなくなった。往昔のように国が国境を守って平穏に過ごせたような時代は、二度と戻らない。こうなったのも時勢であり天運というものだ。「中土」を見ると、フランスとの関係が国政上の比重を増している。だからといって「豺狼(フランス)」と対峙する道を放棄して「狐兎(ちょうせん)」を弄ぶという「理」はない。固より我が国が他国の危難に乗ずるような「不義」をするわけがない。

 今回の「變事」は両国政府の意図に基づいて起ったわけではなく、やはり他日、両国が使節を派遣し事態の推移を検証するなら、たちどころに誤解は氷解し、事態は収拾されるだろう。(1月6日)――

 岡にすれば、フランスの脅威に慄き尻尾を巻いて逃れながら弱小朝鮮を攻撃するような卑怯な振る舞いは考えられないし、ましてや日本が相手の苦境に乗ずるような愚劣な国でないことは当たり前のことだった。だが友人は「そう言われるが、日本が兵器を執って雌雄を決そうとしたからこそ、この戦が起ったのだ」と反論する。岡は時代の趨勢を説いた。

――それこそが私の説くところ。いまや国境を守っていさえすれば無事平穏に過ごせることなど望むべくもなくなったのだ。幸運にも私は国を守るべき官位には就いていない。これから福建・広東を数か月掛けて周遊する心算だ。あなたの言われる両国が雌雄を決する戦を目にすることは、やはり愉快なことではない。(1月6日)――

 かくて「一座大笑」となるのだが、呵呵大笑というより、やはり苦笑いではなかったか。

 岸田吟香の経営する楽善堂に赴き朝食を摂った7日夕刻、多くの友人知己に送られ南下する船に乗り込んだ。「王侯の居」のような船室で、快適な船旅となりそうだ。

 岡の乗った「高陞號」の最下層船倉には大小の砲が所狭しと積まれ、甲板には羊100頭と牛6頭が積まれていた。すべてが広東行きとのこと。

 霜晴れの夜空に満天の星が光り輝く。「貫斗光芒霜照劍。映波燈火夜登舟(霜降る夜空を星の光は剣となって切り裂き、燈火を映しゆらゆら揺れる波のままに揺れる船上に立つ)」と綴る友人の送別の詩に、岡は「能く實景を寫したるものなり」と。香港に向け抜錨。《QED》
posted by 渡邊 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

2015年11月03日

【知道中国 1316回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡57)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1316回】         一五・十一・初一

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡57)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)
 
 明治17年の大晦日。友人らと酒店(ホテル)で盃を交わした後、「旅館寒燈に獨り眠れず」。そこで漢詩を作りつつ除夜を送った。

 明ければ「明治乙酉十八年一月一日」である。宿の人々と新年の挨拶。上海在住の日本人は衣服を調え公使館に向う。「正堂安 皇上御影。三拝祝壽」というから、公使館の大広間に置かれた明治天皇の御真影に向って、全員で「天皇陛下、万歳」を三唱したのだろう。

 翌日、友人と連れ立って北門から入って上海城内を散策する。岡の目に映った上海市街の正月風景とは・・・

――門外は乞食だらけ。身に着けているものはボロボロ。チンバ、ビッコ、鼻欠け、メクラ、ツンボ、オシに得体の知れない病人・・・ぞろぞろと後を着いてきて銭をせびる。建物は雑然としていて道は狭く、臭気が鼻を衝き耐え難い。行き倒れ死体も目に付く。「愕然」とする連れに向って、「狼狽えるな。驚くほどのことではない」と声を掛けた。

 ある店に入ると、男女が膝を交えて茶を飲んでいる。彼らと違った我が身形を目にして、ヒソヒソ話だ。連れは表情を一変させたが、まあまあと押さえた。室内に入ると男女が横になって「洋烟(アヘン)」を吸っている。顔色は失せ、まるで死体の間を歩いているような心地だ。どんどんと炭を熾し大釜でモノを煎っている。部屋に充満するのは悪臭だ。連れの質問に「烟膏(アヘン膏)の製造だよ」と応えると、忽ちにして顔色を変える。

 外に飛び出し池心亭に向う。建物は壊れ、池の水はどす黒く濁ったまま。幼い乞食が後を着いて来るが、臭くて堪らない。失望した連れは速足になって宿舎に戻り開口一番に、「今日、初めて『動物博覧會』目にした」と。不覚にも失笑してしまった。

「中人」は自分たちの「衣冠文物」を大いに誇り、文章は馥郁として「天仙」のようだと形容し、姿かたちは華やかでまるで「神人」だと自慢する。だが、そんなのは、士大夫といえども千人に1人か2人だ。市井の庶民ときたら文字は知らないばかりか「鄙猥醜穢。卑汚賤陋」。外国人が目にしたら、野蛮でムシケラと同じように見えるだろう。ヨーロッパ留学の連れが口にした「動物博覧會」・・・なんとも愉快だ。(1月2日)――

 翌日も連れと一緒に中国人の友人に龍門書院に案内された。立派な垣根で囲まれた書院の内部は、回廊が巡らされ、満々と水が湛えられ池には壮麗な橋が架けられ、所々に四阿と樹木が配され、まるで外の世界とは較べものにならない別天地だ。

――「中土士大夫」と市井の「小民」との間の貴賤の隔たりは天と地ほど。いみじくも、この光景が物語っている。上海は大きな川が交わる要衝であり景勝地でもあるが、市街の水路は塞がれ、チョロチョロと水が流れている程度。その水で女性が「穢器(おまる)」を洗い。その隣で人足が売るために飲み水を汲んでいる。友人の1人が、上海県当局が市街の埋まってしまった水路を浚って大きな川との流れを繋げれば、さほどの労力を使わなくても「穢氣」は雲散霧消し、「毒熱」が原因となる伝染病も抑えられるだろう、と某雑誌に発表した。

 とどのつまり役人たるも劣悪な環境に関心を払うことなく不衛生極まりないままに打ち捨て、豪商はただ金儲けに奔るだけ。公益を興して民衆に利益をもたらそうなどと考えることもない。これまた「一代の弊習」というものだ。(1月3日)――

 役人は自分のことだけで豪商はカネ儲けに固執するのみ。となると21世紀初頭の現在と大差ない。どうやら中国人の心根は19世紀後半以降、いや遡れば遥か遠くの古代から、一貫不惑だったと考えても差支えないだろう。歴史に根差した、完全無欠で伝統的な、ブレることなき超自己チュー。中華民族の偉大なる復興よ・・偉大過ぎます。トホホ。《QED》
posted by 渡邊 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/