h230102-0340-2.jpg

2015年11月05日

【知道中国 1318回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡59)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1318回】         一五・十一・初五

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡59)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)
 
 『觀光紀游』は、たとえば再度の上海滞在部分は「滬上再記」といったように岡が歩いた地域によって分かれている。「滬上再記」を終り、これからは香港・広東方面の旅を綴った「粤南日記」を読み進むこととなるが、冒頭に置かれたM田源なる岡門人による漢文の「序」を読んでみると、当時の日本における中国観の一端が伺えるようにも思える。

 岡自身の筆になったわけではなかろうが、門人の主張は師匠たる岡のそれに同じであったはずだ。いわば当時の日本における中国観の一端――少なくとも岡一統のそれが、序に現れていると考えても、強ち間違いではないだろう。そこで「粤南日記」に入る前に、参考までにM田の序を読んでおくこととする。

 《「東洋各國」において最も国土が広いのが「漢土(ちゅうごく)」で、それに次ぐのが我が国だ。「朝鮮安南」は大陸の端の隅で自らを守っているが、国は小さく勢いは振わず、「東洋の輕重」を語るには力不足だ。「印度緬甸(ビルマ)暹羅(シャム)」などはイギリスの植民地に甘んじ、あるいはフランスの掣肘を受ける始末であり、最初から話にはならない。であればこそ、「東洋」に在る国の中で「歐人」に抗することができるのは、ただに我が国と「漢土」のみということになる。だから「漢土」が我が国と力を合わせるなら「歐土」に対抗することは可能である一方、背を向けあったら、我国と「漢土」とは共に立ち行かなくなり自立できない。

 「歐人」は努めて深謀遠慮であり、たとえばロシアは日本に対しては「唐太(カラフト)島」を求める一方、「漢土」に向っては黒龍江沿岸を侵略した。まさに勢いに任せた怒涛のような「東洋」掠奪は防ぎようがない。

 現下の情況で考えられる方策は、我が国が「漢土」と互いに助け合い、平時には互いに富強を図り、有事の際には相互協力し連合軍を組織して憂いと喜びを共にする。こうすれば、彼らも狡猾さを発揮することもできないし、東洋侵略の「志(やぼう)」を膨らませることもないだろう。

 だが「漢土」は「東洋大勢」のなんたるかを弁えていない。我が方が琉球を県に組み入れれば「大邦(たいこく)」を蔑ろにするのかと逆恨みして大騒ぎし、我が方が朝鮮の非を問えば属国である朝鮮への容喙は許さないと鼻息荒く息巻く始末だ。双方が猜疑心を募らせ、互いを詰るなら、共に相容れない関係に陥ってしまい、とどのつまりは「歐人」を利するだけでなく、「東洋」にとって計り知れないほどの不利となる。

 (中略)今回の旅行に際し、岡先生は南遊して香港まで足を延ばし「英佛の跳梁」を目の当たりにし、北は河北省北部まで歩を進め「俄虜(ロスケ)」の他国蚕食の実情を確かめ、上海・福州の諸港を経巡ったのである。「我が東洋」に対する彼らの振る舞いを知るほどに、「悲憤鬱積」を禁じえなかった。かくして「彼土(ちゅうごく)」の士大夫と今後の方策を論じ、やはり実態なき虚勢では西欧勢力の東洋侵攻の轟々たる歩みを防ぐことは出来ないことを指摘したのである。

 目の前のチッポケな好悪損得で外交を進めたなら、敵に不要な外交シグナルを送ることになり、敵を喜ばせ利するだけであり、本来の大きな目的を失うことは必定だ。「小忿」は呑み込み、「私怨」腹中に押し留め、かくして「東洋百代の利」を目指すべきである。》

 ――以上が濱田の序の要約である。岡や濱田の時代から130年ほどが過ぎた21世紀初頭の現時点に立って改めて濱田の主張を考えてみると、「小忿」と「私怨」が渦巻く相も変わらずの構図としかいいようはない。しかも、それは所謂「歴史問題」という名の“厚化粧”が施され自家中毒気味に拡大するばかりだ。「東洋百代の利」は・・・夢のまた夢。《QED》
posted by 渡邊 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国

【知道中国 1317回】 「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡58)

<樋泉克夫愛知大学教授コラム>
chido_chugoku_hyoshiphoto.jpg

【知道中国 1317回】        一五・十一・初三

 ――「市店雜踏、穢臭衝鼻、覺頭痛涔涔」(岡58)
 岡千仞『觀光紀游』(岡千仞 明治二十五年)
 
 トホホといえば4日のこと、である。日本公使館某書記が訪ねてきて話すには、上海在住邦人の半数強が女性で、例外なく「閭(まちかど)に立ちて嚬笑(わらい)を賣る者」。つまり“立ちんぼ”。公使館としてはその賤業を嫌って法律で取り締まろうとするが、なにせ客が外人でもあり取締りは思うに任せない、とか。

 当時、上海にどれほどの数の日本人が住んでいたのかは不明だが、その半数が女性で大部分が売春婦。しかも外人相手なら、所謂「ラシャメン」ということになるだろう。さて彼女らは、いったい、どこから上海にやって来たのか。天草か熊本か。ここで思い出されるのが稀代の詐話師で知られた女衒の村岡伊平治(慶應3=1867年〜昭和18=1943年?)である。彼の自伝を読むと、岡が中国に滞在していた前後の18歳頃の香港渡航を機に、中国各地、シンガポール、カルカッタ、ジャカルタ、ハノイなど各地を転々と流れ歩き様々な職業を転々としながら女衒を生業とするようになったと記されている。岡と若き日の村岡が上海で出くわすことはなかっただろうが、あるいは岡の上海滞在時に「閭に立ちて嚬笑を賣る者」の中には、後に村岡に世話になった女性もいたかもしれない。

 いよいよ上海を離れることを知って別れの挨拶にやって来た中国人の友人の1人が、朝鮮での事件を熱く語りはじめた。そこで岡は、

――いまや「五洲(せかい)」を見れば、電信に遠洋艦船、それに大小の兵器の進歩は著しい。地球は小さくなって、万国は隣り合っているようであり、最早、内外の別はなくなった。往昔のように国が国境を守って平穏に過ごせたような時代は、二度と戻らない。こうなったのも時勢であり天運というものだ。「中土」を見ると、フランスとの関係が国政上の比重を増している。だからといって「豺狼(フランス)」と対峙する道を放棄して「狐兎(ちょうせん)」を弄ぶという「理」はない。固より我が国が他国の危難に乗ずるような「不義」をするわけがない。

 今回の「變事」は両国政府の意図に基づいて起ったわけではなく、やはり他日、両国が使節を派遣し事態の推移を検証するなら、たちどころに誤解は氷解し、事態は収拾されるだろう。(1月6日)――

 岡にすれば、フランスの脅威に慄き尻尾を巻いて逃れながら弱小朝鮮を攻撃するような卑怯な振る舞いは考えられないし、ましてや日本が相手の苦境に乗ずるような愚劣な国でないことは当たり前のことだった。だが友人は「そう言われるが、日本が兵器を執って雌雄を決そうとしたからこそ、この戦が起ったのだ」と反論する。岡は時代の趨勢を説いた。

――それこそが私の説くところ。いまや国境を守っていさえすれば無事平穏に過ごせることなど望むべくもなくなったのだ。幸運にも私は国を守るべき官位には就いていない。これから福建・広東を数か月掛けて周遊する心算だ。あなたの言われる両国が雌雄を決する戦を目にすることは、やはり愉快なことではない。(1月6日)――

 かくて「一座大笑」となるのだが、呵呵大笑というより、やはり苦笑いではなかったか。

 岸田吟香の経営する楽善堂に赴き朝食を摂った7日夕刻、多くの友人知己に送られ南下する船に乗り込んだ。「王侯の居」のような船室で、快適な船旅となりそうだ。

 岡の乗った「高陞號」の最下層船倉には大小の砲が所狭しと積まれ、甲板には羊100頭と牛6頭が積まれていた。すべてが広東行きとのこと。

 霜晴れの夜空に満天の星が光り輝く。「貫斗光芒霜照劍。映波燈火夜登舟(霜降る夜空を星の光は剣となって切り裂き、燈火を映しゆらゆら揺れる波のままに揺れる船上に立つ)」と綴る友人の送別の詩に、岡は「能く實景を寫したるものなり」と。香港に向け抜錨。《QED》
posted by 渡邊 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 知道中国
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/