h230102-0340-2.jpg

2014年01月01日

教育ニ関スル勅語

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 元旦第一筆は「教育ニ関スル勅語」=教育勅語をテーマにしました。

 明治天皇は、東京帝国大学に行幸されたのち、「理科・化科・植物科・医科・法科等は目覚ましく進歩しているけれども、もっとも大切にしなければならない修身の学科は見る所無し」「専門に優れた人材は育つだろうが、国家の相となるようなリーダーを得ることができない(※いずれも現代語訳)」と憂慮され、明治23年10月30日「教育ニ関スル勅語」が発布されました。

 西洋文化が流入した当時、西洋の学術制度で軽視されがちな「道徳教育」を重視したものです。


一般的な現代語訳では、以下のようになります。

1.親に孝養を尽くしましょう
2兄弟・姉妹は仲良くしましょう
3.夫婦は互いに分を守り仲睦まじくしましょう
4.友だちはお互いに信じ合いましょう
5.自分の言動を慎みましょう
6.広く全ての人に慈愛の手を差し伸べましょう
7.勉学に励み職業を身につけましょう
8.知識を養い才能を伸ばしましょう
9.人格の向上につとめましょう
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
11.法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
12.国に危機があったなら正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう。

 当時は、英・独・仏・漢語に訳されましたが、どこからも批判なく賛嘆のこえだけあったと伝えられています。

 話の場を変えますが、先の東日本大震災では、「トモダチ作戦」で救援物資を持ってきた米兵が、被災地で渡そうとしたら「隣の地域のほうが困っていますから」と受け取りを遠慮したことに「これぞ文明国の民だ」と言って驚いたという話があります。

このような日本の道徳観が形成された背景に「教育勅語」があると思いませんか。

台湾総統府でボランティアガイドをされておられる蕭錦文さん(元ビルマ戦線志願兵)は、日本から若い人が見学に来られた場合に渡せるよう「教育勅語」を何枚かコピーして用意していたそうです。

 「道徳」の必要性が叫ばれる昨今、改めて教育勅語を顕彰し「平成版教育勅語」を制作し、日本の道徳観を世界へ発信していくが望まれます。




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

<PR>-----------------------------------------------------
〜在宅副業〜
話題の「PRパートナー・アフィリエイト・プログラム」
パソコンでも携帯でも気軽に在宅ワーク!
サポート充実の初心者向けアフィリエイトで、まずは
月収10万円の副収入を目指しましょう!
資料はHPから
http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/
<PR>----------------------------------------------------

posted by 渡邊 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83746658

この記事へのトラックバック
空き時間に気軽にできる副業です。 http://www.e-fukugyou.net/qcvfw/